自宅学習で使えるオンライン・データベース等について(2020年6月1日現在)

HOME >  このページ


来館しなくても利用できるサービスについてご案内します。随時更新していきます。

1.図書館のオンライン・データベース一覧

図書館の「オンライン・データベース」一覧で「Free」となっているタイトルについては、どこからでも、ユーザ数制限なしに利用できます。
タイトルをクリックして直接ご利用ください。

本学が有料契約しているデータベース等のうち、「EZ」と表記されているタイトルは、一覧の最上部、「学外アクセス(EZproxy)」のボタンから進むことで、学外からの利用ができます。
利用についてはhttp://lib.jwu.ac.jp/lib/wn171028.htmlをよくお読みの上、ご活用ください。

※今回、JDreamV(科学技術・医学薬学関連文献情報)、聞蔵U(朝日新聞データベース)、ヨミダス歴史館(読売新聞データベース)、Maruzen eBook Library(学術系電子ブック)も新たにEZproxy経由で利用できるようになりました。

 

2.日本女子大学学術情報リポジトリ

日本女子大学学術情報リポジトリには、本学の構成員が生産した学術成果物を掲載しており、本学の紀要、博士学位論文(本文、要旨、審査結果の要旨)等を読むことができます。

 

3.期間限定で公開されている又は利用範囲が拡大されているデータベース等

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う自宅学習をサポートするため、期間限定で公開されている、又は利用範囲が拡大されているデータベース等を紹介します。
リストは随時更新します。

ざっさくプラス
 明治から現在までの学術雑誌・一般雑誌や地方誌などの記事・論文の情報が検索できます。
 通常は同時アクセス1ユーザですが、5月31日まではアクセス数制限なし、EZproxyを利用する必要もありません。(6月10日まで延長になりました。)
 6月11日以降は「学外アクセス(EZproxy)」経由で利用できます。

日本建築学会論文等検索システム
  6月30日まで、学外からも利用可能(本文閲覧には、Web登録ユーザの無料登録は必要)になっています。
  図書館の「オンライン・データベース」一覧「日本建築学会論文等検索システム」の説明文の中のWeb登録ユーザ(登録無料)から登録してください。

都道府県統計書データベース
 マイクロフィルム版「明治年間 府県統計書集成」「大正年間 府県統計書集成」「都道府県統計書集成戦後編」をデジタル化したもので、対象年は明治初年〜昭和47年。
 5月6日まで無償で公開されています。(7月31日まで延長になりました。)
 リンク先の更新情報のID/PWが必要です。

・ProQuest(プロクエスト)
 Coronavirus Research DatabaseがProQuestプラットフォームに追加されました。
 「学外アクセス(EZproxy)」経由で利用できます。

・聞蔵U(きくぞう)
 通常は同時アクセス目白2ユーザ、西生田1ユーザですが、5月31日までは、53ユーザになります。(6月30日まで延長になりました。)
 「学外アクセス(EZproxy)」経由で利用できます。

・JSTOR(ジェイストア)
  契約外のアーカイブ、Primary Sourceコレクション、電子ブックが、6月30日まで、「学外アクセス(EZproxy)」経由で利用できます。
  (EZproxy)JSTOR⇒「Advanced Search」 画面左上の「JSTOR」のバナーをクリック⇒「COVID-19 Disruption Help」 をクリック⇒「JSTOR resources during COVID-19」から利用してください。
  また、公衆衛生に関する26のジャーナルは、6月30日まで公開されており、どこからでも利用できます。

JapanKnowledge Lib(ジャパンナレッジ)
 通常は同時アクセス目白3ユーザ、西生田1ユーザですが、5月31日までは、50ユーザになります。(7月31日まで延長になりました。)
 「学外アクセス(EZproxy)」経由で利用できます。