お茶の水女子大学所属者の日本女子大学図書館利用について

HOME > 利用案内 > このページ


お茶の水女子大学附属図書館利用希望の本学所属者はこちらをご覧ください。

利用資格

お茶の水女子大学発行の学生証または身分証明書を所持する方。

サービス内容

・館内閲覧、複写。
・当日利用できるのは大学図書館に所蔵している資料だけです。各学科研究室にある資料については、従来通り所属大学の図書館を通しての事前問い合わせが必要です。
・電子ジャーナル、オンライン・データベースの利用、レファレンス・サービスは対象外となります。

入館方法

・入口カウンターでお茶の水女子大学発行の学生証または身分証明書を呈示し、「入館用当日発行控え」に所属大学と氏名を記入してください。入館用当日カードをお渡しします。
・入館ゲートに入館用当日カードを通しますと音が鳴りゲートが自動的に開きます。
・入館用当日カードは図書館内で携帯し、退館の際にお返しください。
・7月・1月は試験期のため入館できません。ただし、所属大学の図書館を通して、事前問い合わせをすることにより、該当資料のみの閲覧、複写の利用が可能です。

閲覧

本学図書館は開架式です。直接書架へ行って図書をさがしてください。
著者か書名が分かっている時は、OPAC検索やカード目録(目白図書館のみ)で請求記号を調べてください。
OPACでは、目白の蔵書の大部分と、西生田の全蔵書の検索ができます。

⇒ 資料配置の簡単な案内

複写

二色・単色・モノクロ1枚10円、フルカラー1枚30円です。閉館時間15分前まで利用できます。

レファレンス・サービス

お茶の水女子大学ご所属の方に対しては、レファレンス・サービスを行っていません。
本学所蔵資料に関するお問い合わせは、お茶の水女子大学附属図書館を通してお願いします。

OPACの利用

閉館時間15分前まで利用できます。

メディアセンターPCの利用

お茶の水女子大学ご所属の方はメディアセンターPCを利用することはできません。

電子資料の利用

・CD-ROM検索は利用規則にしたがって利用できます。 カウンターでお申し込みください。
・電子ジャーナル、オンライン・データベースは利用することはできません。

視聴覚資料の利用

マイクロ資料、ビデオ・DVD資料は施設の利用規則にしたがって利用できます。
カウンターでお申し込みください。

閲覧したい資料が次のような場合はカウンターへお申し出ください。

指定図書 「指定図書館内閲覧票」に必要事項を記入し、館内閲覧できます。
貸出中の図書 「図書予約申込書」に必要事項を記入し、予約ができます。
予約した本が返却されると掲示でお知らせします。
取り置き期間は3開館日(指定図書は1開館日)です。
目白⇔西生田図書館所蔵の資料 所定の用紙に必要事項を記入し、相手館所蔵の資料を相互利用便で取り寄せる、または相手館カウンターに取り置いて利用できます。
相互利用便到着日については開館カレンダー(目白西生田)をご覧ください。
取り寄せ(到着後)、取り置き期間は3開館日です。
<下記の資料は取り寄せできません>
参考図書、研究室所属図書、雑誌最新号、和装本、指定図書、AV資料(図書の付録になっているものは取り寄せ可)
外部倉庫に保管している資料 取り寄せて利用できます。取り寄せには1〜2日かかります。

グループ研究室の利用

お茶の水女子大学ご所属の方はグループ研究室を利用することはできません。

忘れ物の取り扱い

館内の忘れ物・落とし物は2階カウンターに保管してあります。
図書館での保管期間の過ぎたものは、学生課で保管しています。

汚損・破損

資料(あるいは備品等)を汚損・破損した場合は、速やかに2階カウンターへ申し出てください。

その他、何か不明な点がありましたら、カウンターへお尋ねください。

ページトップへ